現実は厳しい

自分に合った目標を まずは目標設定から行うと英語を効率よく勉強することが可能になりますが、自分に合った目標を設定することが大切です。
例えば簡単な英語をできるようになりたいのに高望みをしすぎてしまって難しい英語を勉強しなくなった時に英語を続けられることがあなたにはできるでしょうか?
英語を学ぶ多くの人は自分の目標に到達をできないまま英語を覚えること無く辞めてしまう人が多数いるのです。
理想と現実は上手くいかないことがほとんどですし、英語自体が自分に合う学問ではない可能性も無きにしもあらずなのです。
ですが勉強しなければならないのであれば勉強を続けるしかありませんし、やっていくうちに苦手でも慣れることはできるようになります。
しかし目標設定が高過ぎると崩れる可能性が出てくるのでまずは自分に合った目標を設定することが英語を上手くなる方法の手段の一つだと考えられます。
一度に大きい目標を立てるのでは無く分割して目標を立てることで少しずつ達成することができるようになり英語に対するモチベーションを上げる方法があります。
時間が掛かってしまうのが欠点かも知れませんが、継続的に目標を達成することができるようになり、達成感は少しずつ味わうことができるようになるでしょう。
しかし目標を見つけることは難しいかもしれませんし、初心者ならば具体的な目安を考えるのも難しいかもしれません。
ですから英語の参考書を一つ買ったとしてどこまで進めるかを具体的な目標として決めると分かりやすいかもしれません。
個人差もありますが、数年程度に英語の勉強を費やすことを覚悟することで英語の勉強に対して取り組むことができるようになります。
気長に勉強を続けていきましょう。